ゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパンとは

飢えを克服することは、人類誕生以来の悲願であり、発展の目的でもありました。飢餓人口「ゼロ」に向けて、全てのステークホルダーが一丸となるために、ゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパンは活動します。

「2015年までに世界の飢餓人口を半減する」
それは1996年に開催された世界食料サミットで、日本を始めとする185カ国が約束したことです。達成期限を目前とするいま、世界ではいまだ8億500万もの人々が飢餓で苦しんでおり(2012年−2014年推計※)、今後も不安定な食料価格や地球規模での気候変動などによる悪影響の拡大が懸念されています。

「Zero Hunger=飢餓人口ゼロ」の実現を目指して活動する日本のNGO・市民社会組織や企業、研究機関などをつなげて、一つ一つの小さな取り組みを大きなうねりへと導くために、そしてそれぞれの知恵や経験、情報を共有することによって、この問題を社会全体で考え取り組んでいくために、ゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパンは立ち上がりました。まずは知り、考え、できることから行動してみる。その始めの一歩を踏み出してみませんか。

※ 国際連合食糧農業機関(FAO)Hunger Portal(英)
http://www.fao.org/hunger/en/

設立の背景および目的

世界的な飢餓や栄養不足の問題解決には、国際機関やNGO/NPO、市民社会組織、民間 企業、研究機関など、様々な関係者が連携することが不可欠です。2002年にローマで開催 された世界食料サミット五年後会合※において、飢餓をなくすための世界的な連帯 の必要性が指摘されたことを受けて、2003年には国際的な枠組みであるInternational Alliance Against Hunger (IAAH) (2010年10月にAlliance Against Hunger and Malnutrition: AAHMと名称変更)が設立されました。これに続き、各国国内の枠組みとして (National) Alliance Against Hunger and Malnutrition (AAHM)が設立され、現在では45の国内アライアンスと5の地域アライアンスが活動をしています。

このような世界的な動きを受け、日本国内における協調的枠組み(日本版AAHM)と して2011年につくられたのが、ゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパン(Zero Hunger Network Japan)です。

NGO/NPO、その他市民社会組織、農業者組織、民間企業、農業関連研究機関、開発援助機関、国際機関、政府関係機関などの幅広い参加団体がその知見を 広く社会に向けて発信することによって、まずは互いの活動の相乗効果の発現をはかり、さらにはより多くの市民の方々に世界の飢餓や栄養不足問題について関心を持っていただくきっかけを提供します。

※ 世界食料サミット五年後会合 概要と評価(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/fao/after_5.html

 

 

活動内容

  • 飢餓・栄養不足問題に関連するイベントや啓発活動の実施
  • 小学校、中学校、高校、大学等と連携した国際理解教育への参画
  • 開発途上国のアライアンスや農業者団体と連携した支援活動
  • FAO世界食料安全保障委員会 (CFS※)を始めとする国際会議への参加促進
  • ウェブサイトや出版物を通したメンバー団体間の情報共有および一般市民への情報発信

※ FAOの委員会の一つであり、2009年に、国連システムの中で食料・農業に関して話 し合う最も重要で開かれた組織へと改編された。
FAO CFSホームページ(英)
 http://www.fao.org/cfs/en/

事務局

横浜市西区みなとみらい1丁目1番1号 パシフィコ横浜 横浜国際協力センター5階
国際連合食糧農業機関(FAO)日本事務所内
TEL:045-222-1101  FAX:045-222-1103
E-mail:FAO-Japan-Info@fao.org    ※Eメールでお問い合わせいただく場合は、件名に【ZHNJ】とご入力下さい

ロゴ・バナーの利用について

リンクはTOPページ www.fao.or.jp/zerohunger/index.html へのリンクでお願いします。
ロゴ・バナーの利用規程についてはこちらをご参照ください。

当ウェブサイトについて

当ホームページに掲載されている全てのコンテンツの著作権は原則として当ネットワークに帰属しております。
個人利用以外のコンテンツの無断転用、無断転載をお断りいたします。
また、当ウェブサイトは以下の団体・個人のご協力をいただいております。

写真提供/FAO、ハンガー・フリー・ワールド
デザイン協力/ハンガー・フリー・ワールド

ゼロハンガー

解散します。